東京穀物商品取引所の米穀


フジトミ

OASIS

東京穀物商品取引所の米穀

東京穀物商品取引所における米穀の商品先物取引は、おもに茨城県、栃木県、千葉県といった、関東産コシヒカリ銘柄が対象となっています。東京穀物商品取引所で取り扱う米穀は、米トレーサビリティ法に基づく記録がなされ、かつ産地情報の伝達が可能な米穀であって、農産物検査法に基づく検査規格、水稲・うるち・玄米1等合格品(正味30kg紙袋入り)というのが、標準品となっています。

 

コメは日本人の主食であり、北海道から沖縄までの全国各地で、さまざまな品種が生産されています。またコメは日本だけではなく、アジアを中心として世界各地でも主食として多く食されています。

 

コメの世界の生産量のおよそ90%は、アジアが産地となっており、中でも中国は飛び抜けた生産量を誇っています。日本では、年間800万トンを超えるコメの生産が行われています。

 

しかし日本におけるコメの生産量は、コメの消費量の減少や農家の減少によって、年々減って来ています。東京穀物商品取引所の商品先物取引における米穀の相場変動は、農林水産省によって決定される、当該年の「生産数量目標」が関わって来ることとなります。

 

これは前年の11月までに決められることとなりますが、実際の作付面積が明らかとなるのは毎年10月頃となるため、生産数量目標はコメ相場の1つの目安ということになります。コメは天候によっても生産高が左右されやすい農産物となるため、商品先物取引を行う際には、播種から収穫までの天候に注意するということが大切となります。

 

コメの収穫量に影響を及ぼすおもな気象要因としては、低気温や雨台風などがあげられます。移植前後の低気温は茎数の減少につながり、雨台風は倒伏を招くこととなります。

 

風台風による倒伏は回復も容易となっていますが、雨台風による倒伏は、深刻な被害をもたらす場合があります。また日照不足などが続くことによってもコメが不作となり、価格が大きく変動する場合があります。


比較表のページは以下!

東京穀物商品取引所の米穀 東京穀物商品取引所の米穀 東京穀物商品取引所の米穀

フジトミ

お客様満足度NO.1を目指すフジトミ
フジトミのオンライントレード『FITS(フィッツ)』は、お客様の声から生れたシステムです。パソコンの操作が苦手な方やオンライン取引は初めてという方でもご不便なく取引できるよう相場表やチャートをクリックすることによって、瞬時に発注できるように設計されています。また従来のトレードシステムでは物足りなさを感じるお客様の要望にお答えする為、今までよりスピーディな発注を可能としました。最新機能を片道手数料393.5円と低価格で提供していますが、フジトミのオンライントレード『FITS(フィッツ)』は手数料の安さだけではなく、使い勝手の良いシステムや商品先物取引専門のマーケット情報の配信など、お客様のニーズにお答えする数多くのツールをご用意しています。

フジトミ


岡地(OASIS)

岡地株式会社の「OASIS」
岡地株式会社で提供しているオンライン先物取引サービスの、「OASIS」では米国ナスダックでも採用の高品質回線を使用している事によって、デイトレに特化したクイックオーダーシステムを実現しているので、快適でスピーディーな取引環境でトレードを行う事が出来る様になっています。初心者でも始めやすく、上級者の人であっても満足が出来るだけの機能を多数搭載している商品先物取引システムは、業界の中でも高いレベルのシステムとなっています。手数料に関してはシンプルな一律制が採用されていて、全銘柄往復での手数料は税込みで819円となっています。取扱商品についても業界最高水準となる21銘柄が取引可能となっています。

岡地(OASIS)


EVOLUTION JAPAN

セミナー豊富なEVOLUTION JAPAN
EVOLUTION JAPANでもオンライン先物取引サービスを提供を行なっています。サービス名は『LETACE』と言う名前になっています。EVOLUTION JAPANではセミナーが豊富に行なわれています。例えば2010年だけでも、『投資家を応援する経済セミナー』『株式&ゴールドセミナー』『板橋区民金投資セミナー』と言ったタイトルのセミナーが行なわれています。手数料に関しては取引数が多くなると割引される、ボリュームディスカウント制を採用しているので、多く取引をする人にとってはお得になる制度となっています。エース交易ではオンライン先物取引以外にも、純金積立や店頭FX、取引所FXについても取り扱っている会社となっています。

EVOLUTION JAPAN株式会社[EVOCX]


北辰物産

毎日セミナーを行なっている北辰物産
北辰物産では毎日無料でセミナーを開催しています。セミナーでは受講をしたからと言っても、口座開設をする必要はありません。セミナー内では基本的に北辰物産での口座開設を推奨する事もない状態となっています。北辰物産の取引ツールである『D-station Presto』『D-station』を実施に操作をしてみたりする事が中心となっています。北辰物産では前述した『D-station Presto』『D-station』以外にも、モバイルで行なう『D-mobile』で取引を行う事が出来る様になっています。取引にかかる手数料に関しても業界最低水準での提供となっています。

アドセンス広告

掲載内容はページ作成時の物となります。各社の最新情報については、必ず公式サイト内で確認を行って下さい。